奥深い交通事故後遺症

交通事故はいつ発生するか分からないものでして、被害者として怪我をした場合について完治する程度であればラッキーと言えるでしょう、それは時として完治しない後遺症として残っていくこともあって、その場合に治療はもちろんですが日常生活についても大変な経済的及び精神的な負担として圧し掛かります。

通常の怪我での慰謝料になりますと、例えば交通事故で非常に多いむち打ち症の例になると通院の場合は月額300,000円弱、入院の場合は500,000円強になりますが長期になるほど病状が軽くなることが一般的なので長期単価は安くなるでしょう。
しかし、症状が安定せずに後遺症として認定された場合は、後遺症における慰謝料を別に請求することが可能となる分けです。
基本的に後遺症の場合になりますと、自賠責保険の後遺障害等級というものを使ってランク付けをしてもらわなければなりません。

通常は1級から14級まで後遺症ランクがあって、1級が最も症状の重いものとなって行くのです。
しかし、ランク付けされてからも慰謝料の基準が自賠責独自のものと弁護士基準ものが存在しています。
自賠責保険に限って慰謝料基準を見ていくと、独自基準の場合は最高で1,000万円ちょっとで弁護士基準だと2,800万円程と大きく差があるのです。
実際は後遺症が発症するとさらに治療費が掛かることが一般的ですので、通常は任意保険にて自賠責限度額を超えた分は補填することになります。
この場合も、自賠責で認められた後遺症のランクが大きく任意保険額にも影響して行きます。

Copyright © 2014 交通事故の後遺症、慰謝料はどれくらい? All Rights Reserved.